スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「この夏」 と 「あの夏」

久しぶりに、抜けるような青空が広がった今日。

高校野球を見に行ってきました。

2007_0724 (0)



ほんとうは もっと早くに見に来るはずだったのに、
グズグズしている空と一緒にグズグズしていたら
この球場で行われる試合は、今日が最後になってしまって。

(次の準々決勝 以降は 横浜スタジアムで行われます。)

この日だけは、どんなに雨が降りそうでも見に行こう!と
気合いを入れたら、気合いで雨雲も吹き飛んでしまった。



休みの日にダンナと一緒に行くとか、
せっかくだから近所の友だちを誘って行くとか、考えたのですが
一人で来て正解。

通路の一番前、ネットぎりぎりのところに あぐらかいて座り込んで
でっかい望遠レンズ付けたカメラで、シャッターをきりまくります。

汗ふき&日焼け防止用に、首からはタオルを下げて、
しかもついつい大声で選手に げきを飛ばしてしまって。

・・・これじゃぁ、高校野球好きのおじさんと変わりません(苦笑)。


でもやっぱり、スポーツの撮影はとても難しい。

2007_0724 (1)


バッターのスウィングはキレイですが、
ボールはもうヒットした後だ。。。





高校野球。


それは いくつかある、わたしの原点のうちの一つです。

ちょうどここは、9年前の夏の大会で、ベンチに入った球場。

スタンドに足を踏み入れて、熱気に包まれて、
グラウンドの上の 守備についている選手たちを見た瞬間

びっくりしました。


わたしには 縁もゆかりもない高校同士の試合なのに

ファーストも、セカンドも、ショートも、サードも、
外野陣も、バッテリーも、
みんな 知ってる顔が思い浮かぶ。



その姿は 9年前の夏の、記憶。



あぁ、やっぱり あの夏は、ひとつの通過点ではなく
わたしの細胞にしっかり組み込まれているのだと
あらためて実感しました。



2007_0724 (2)


みんなで叫ぶ、応援歌。
必死で呼ぶ、選手の名前。
おなかの底に響く、ブラスバンドと太鼓の音。

音とか、空気とかも一緒に、

きっと今日は 彼らの細胞に刻み込まれるのだと 思う。




試合結果は、翌朝の新聞で読んだら 淡泊なものだけれど

そうではなくて、

必死に戦って、必死に守り抜いた試合のひとつひとつは、

甲子園の土の上でなくたって

すべて 輝いているのだと、思います。


2007_0724 (3)


最後に、相手校の校歌を 唇を噛みしめながら聞く このときの

胸が引きちぎれそうな思いも、

いつか懐かしむときが、きっと来る。



どこかで聞いた言葉ですが、

『 「この夏」 も いつか 「あの夏」 になる 』




わたしの 「あの夏」 を思い出させてくれて、 ありがとう。







スポンサーサイト

コメント

あの夏
私も高校時代の野球部の応援があの夏の思い出です。
高3の夏、3年間応援した同級生達が、甲子園へ連れて行ってくれました。
泣いたり、叫んだり、忘れられない思い出です。
高校野球のもつ空気は独特ですよね。
Kigiさんの写真で懐かしい記憶が蘇りました~♪
もうすぐ決勝
まっくだよー!お久しぶり!!
この前はメール送ってくれてありがとうね♪
ほんと、嬉しかった。

もう甲子園への道が始まって決勝のピークが今日明日くらいかな。
わくわくする夏が始まるね。

この写真ひとつひとつどれもステキだね。
きっと彼らにとって忘れられない夏になるんだろうな。
彼らもKigiさんも高校時代に必死にグランドで頑張った経験は
かけがえのない宝物だよねーー!!

わたしもこれから千葉大会TVで見ます。
楽しみ。
こんにちは♪
高校野球。青春って感じですよね~
私、吹奏楽部だったので野球の応援もよく行きました。
もちろん甲子園なんて夢のまた夢な学校でしたが(笑)

kigiさん♪私の「あの夏」思い出させてくれて有難う♪
TO:トモさん
わーっ!トモさんの母校は甲子園に出場したんですね。
すごいなぁ☆
うちの母校の甲子園はもう60年近く昔のことです(笑)。
高校野球のもつあの熱さがいいですよね~。
TO:まっくさん
千葉も神奈川も決まったね☆
相変わらず我が家はTVKが映りません(苦笑)。
見たかったのにー!!
毎年この季節になると、どうしても気になっちゃいます。
これからもずっと、この気持ちは続くんだろうなぁ。
TO:fumiさん
こんにちは。
fumiさんは吹奏楽部だったんですね!
吹奏楽も暑い太陽の下で演奏して、ほんとうに大変だと思います。
でもあの応援があってこそ、みんながんばれるんですよね♪

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。