スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

終戦記念日を前にして

道路の、落書き。

2007_0808 (0).



この落書きはちょうど、
アメリカとイラクの戦争が始まる直前に書かれていました。

どこの誰かが書いたのかわかりませんが、
しっかりとした書体で、くっきりと。


路上に落書きをするのは、いけないことだけれど

それ以上に伝えたい、気持ち。


NO WAR .



ここを通るたびに、胸の中で繰り返します。




スポンサーサイト

コメント

うわーいろいろ考えさせられる落書きだね。

世界平和ってみんなが願っていることのはずなのに
なんで叶わないんだろう。

個々人がケンカするように簡単に国と国もケンカする。
それで多くの罪のないひとが命を奪われる。

つらいね。

私は戦争を経験した祖母、曽祖母と暮らしていたから
リアルに戦時中の話を聞いていて本当に怖かった!!

平和が来ますように。
ほんと、すごい!
これ書いた人すごいな~!!

人と人が殺し合うなんて、ありえないことだよね。
ありえないことって思うのが当たり前の世界に、もっともっとなってほしいよ。
NO WAR
ほんとそうですね・・・
先日の広島の原爆投下の日、近所の教会では平和を願って鐘がなっていました。
この世界、平和が一番・・・
TO:まっくさん
たったこれだけなのに、すごく奥が深い落書きです。
うん、理由とか理屈とかいろいろあるのだろうけど
何があってもしちゃいけないことだし、
平和であってほしいと、思い続けています。
ケンカはしちゃうけどね。
手を出したり、命を奪ったりしてはいけないよね。
TO:りあさん
初めてこれを見たとき、時期も時期だったので
ものすごい衝撃を受けました。
たった一言なのに。
人殺しは許されないのに、戦争は許してしまう、
そんなのってやっぱり間違ってると思います。
TO:a-sさん
ほんと、平和が一番ですよね。
普段はあまり深く考えていないことなのだけど、
こういうときには、いろいろ思いを巡らしてしまいます。
みんながそう考えていれば、いいんですよね。

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。