スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

往復ハガキのお作法

来月、結婚式の二次会の幹事を2つ 掛け持ちしているので
毎日のように返信ハガキが届いています。

2007_0918



返信ハガキのお作法。

(出席なら…)

「ご出席」の「ご」を二重線で消して、「出席」に○をして
「ご欠席」を二重線で消して。

「ご芳名」 「ご住所」は、
今回は「Name」 「Address」なので、気にせずそのままで。

宛名の「行」は「様」にする。


…と、まぁ いろいろありますが。

そんなことは ちょっと違ったって、
幹事としては何も かまわないのであって。


それよりもっと問題なこと!!


『往信』部分を切り離さないで送ってくる人が、
けっこういるのです。


えぇぇーーーー。


往復ハガキっていうのは、

『往信』の、日時とか場所とか書いてあるのは 自分の手元に残しつつ、
『返信』で、出欠を伝えることができるのが、便利なのに。


日時はちゃんと手帳にメモしてくれたかなぁ。
会場の場所はわかってるのかなぁ。
誰か友だちと一緒に来るからいいのかなぁ。

幹事は、会ったことのない参加者に あれこれ思いを巡らしています…。




スポンサーサイト

コメント

ぶはっ(≧▽≦)
そういうオチ~!?
すみません、笑ってしまいました。
確かに、場所とか時間とか、大丈夫なんでしょうかね?私も心配です笑
というか、往復ハガキが届いた時の返信の仕方、知らない人いるのね・・・
ちょっとショック(苦笑)
TO:Rubyさん
すっかりお返事が遅くなってごめんなさい。

この「往復ハガキ最大の間違い」を犯している人、
10人に1人ぐらいいるんですよ~。
以前、同窓会の幹事をしたときは全員パーフェクト!だったので
余計にショックでした(苦笑)。

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。